大阪市の税理士・経営コンサルティング会社 | かなえ経営株式会社(税理士法人トレイス)
かなえ経営株式会社
営業時間 9:00〜17:30

【原価率とは!?】

経営計画を立てる際、様々な用語が出てきますよね。

経常利益、原価率、労働分配率…

さらに、これらをしっかりと読み解くのに会計知識が必要となってきます。

しかし、そこでも減価償却、棚卸し、原価率、変動費……。

大変だ…。

そこで今回から!

上記のような、経営計画を立てる際に必要な指標について、解説していきたいと思います!!

【原価率とは⁉️】

原価率とは⁉️といきなり言われても困りますよね。

原価率とは、売上に占める"原価の割合"のことを言います。

では、"原価"とは何でしょうか❓

その売上を上げるために直接かかった費用のことを言います。

ん⁉️

分かったようなわからないような感じですよね。

わかりやすい例でお話します。

例❶

ボールペン🖊を仕入れて、販売する場合を考えてください。

1本60円で仕入れたボールペンを

1本100円で販売しました。

売上100

原価 60

利益 40

となり、

この時の60円が原価ということになります。

ちょっとだけ、複雑にします。

例❷

1本60円のボールペンを5本仕入れました。

1本100円で2本販売しました。

売上200

原価300

利益▲100 ➡️✖️

ではないです。

売上200

原価120(60×2)

利益 80

となります。

3本分は、在庫ということで、原価には含まれません。

2本のボールペンの売上を上げるために直接かかった費用は、2本分の仕入れだけですので、

60×2=120となります。

⚪︎小売業や卸売業では、この在庫に気をつけてください。

⚪︎製造業では、材料費、加工に出す場合などの外注費が原価になります。

⚪︎建設業では、材料費、下請けに出す場合などの外注費が原価になります。

⚪︎運送業では、庸車費、ガソリン代、高速代などが原価になります。

⚪︎飲食業では、食材やお酒の仕入が原価になりますが、お酒の在庫に注意してください。

⚪︎介護事業やその他のサービス業では、ほとんど原価はないと言えます。

自社の原価は、どれが該当するのか確認してみましょう!

次回は変動費について説明していきます!

もうすでに分かっているという方も、是非復習がてらご覧ください!

カテゴリー