「事業復活支援金について」 | かなえ経営株式会社(税理士法人トレイス)

ブログ

「事業復活支援金について」

「事業復活支援金について」

筆者:税理士 佐野 元洋
"中小企業の経営参謀"

こんにちは!

正月がすぎ、もう2月も目前ですが、

新年の一月目は皆さんどうお過ごしでしたか?

私は新年から新しい気持ちで物事に取り組めたらなぁと思い、自分自身と向き合っていました笑(?)

それはさておき、

先日、岸田内閣がコロナ支援の目玉として掲げていた、「事業復活支援金」の概要がようやく発表されました!

1月末めどに申請が開始されます。

今回はその「事業復活支援金」についてのお話です!

申請の前に一度、私と一緒に内容を確認しておきましょう!

事業復活支援金とは

「コロナの影響で縮小してしまった事業を、復活させる」
ことを目的とした支援金です!

簡単に概要をまとめると大きく2つあります!

  • 法人は最大250万円を支給する
  • 個人事業主に対しては最大50万円を支給する

というものです!

対象者

経済産業省発表のPDFによると、

「新型コロナの影響で、2021年11月〜2022年3月の売上高が、2018年11月〜2021年3月までの売上高と比較して、50%以上、または30%以上50%未満減少した事業者」

が対象となります。

減少額が50%以上か、はたまた30%以上50%未満かで支給額が変わるので確認しておきましょう。

次はどのぐらい変わるかについて説明します。

支給上限額

減少額が50%以上の場合は、

  • 個人事業主→50万円
  • 年間売上高(以下、売上)1億円以下の法人→100万円
  • 売上1億円超〜5億円の法人→150万円
  • 売上5億円超→250万円

となります。

一方で減少額が30%以上50%未満の場合は、

  • 個人事業主→30万円
  • 年間売上高(以下、売上)1億円以下の法人→60万円
  • 売上1億円超〜5億円の法人→90万円
  • 売上5億円超→150万円

となります!

(給付額の詳しい算出式については経済産業省発表のPDFをご覧ください。)

申請方法

認定登録機関の事前確認ののちにそれぞれのWebページから申請できます!
まずは認定登録機関の確認を受けましょう!

その際、確定申告書や通帳などさまざまな書類が必要になります。

こちらも合わせてPDFで確認しておいてください!

まとめ

いかがでしたか?

申請受付は、1月31日の週から始まる予定です。

必要書類をしっかり準備しておきましょう!

この記事をシェアする
トップへ戻る